ダイニングテーブルの選び方 4本脚テーブル

こんにちは、家具ギャラリーよろこび店長の福山です。

今回はダイニングテーブルの選び方として

2本脚テーブルと4本脚テーブルの違いをご紹介致します。

テーブルには2本脚と4本脚があります

ダイニングテーブルには大きく分けて

2本脚テーブルと4本脚テーブルの2種類があります。

2本脚テーブル

2本脚

4本脚テーブル

4本脚

4本脚テーブルの特徴

4本脚テーブルの一番の特徴は

見た目のシンプルさ

4本脚テーブル

脚や天板の形などで多少のバリエーションはありますが、

基本的に「いわゆるテーブル」の範囲を出る様な特徴的なものは少ないので、

どの様なお部屋にも合わせやすいというメリットがあります。

また、脚が天板のそれぞれの角に付いていますので、

脚間のスペースを有効活用できるというのも特徴です。

そして、天板の広い辺・狭い辺のどちらも

中央部分が空いているので、お誕生席のレイアウトが作りやすいというメリットも。

他にも、購入後に脚をカットして高さを変更する事ができるのも

意外と知られていない4本脚テーブルの特徴です

(購入後の脚カットはそんなに一般的ではありませんが)。

4本脚テーブルのデメリット

4本脚テーブルのデメリットは、

天板の角に脚が付いているために斜めに出入りする事ができないので

テーブルの周りに椅子を引くためのスペースが必要となる点が挙げられます

(肘付きのチェアと組み合わせる場合は、

アーム部分まできっちりとテーブルの外に出す必要が)。

同じ理由から、回転式のチェアや背もたれ付きのベンチなど

重量があって動かし辛い椅子との組み合わせも

余り相性が良くありません。

また、変則的な組み合わせですが、

テーブルよりも大きな椅子とは組み合わせる事ができません

(2本脚のテーブルは見た目を気にしなければ

テーブルよりも幅の広いベンチなどとも組み合わせ可能)。

お得なセール情報

福山商店のセールイベント情報

店舗情報・アクセス

ショールームアクセスマップについて