ソファーの選び方 張り込みタイプと置きクッションタイプ

こんにちは、家具ギャラリーよろこび店長の福山です。

今回はソファーの選び方~張り込みタイプと置きクッションタイプの違い編~をご案内致します。

張り込みタイプ

張り込みタイプとは、

フレームとクッション・シートが一体化しているソファーの事です。

張り込みタイプソファー1

シートの取り外しができない分、

背もたれや座面の形・角度などの自由度が高いのが特徴です

(置きクッションタイプに比べて

ボリュームのあるモデルハイバックのモデルが多い)。

置きクッションタイプ

置きクッションタイプとは、

フレームとクッションが分離しているソファーの事です。

置きクッションタイプ2

フレームとクッションが別々の為、

デザイン性の高いフレームを採用する事ができます。

また、ファブリックソファーの場合はクッションカバーを取り外してお手入れしたり、

カバーを変えてソファーの雰囲気を変える事ができます。

座り心地で選ぶなら

張り込みタイプのソファーは頭と背中の背もたれの角度やボリュームを変えたり、

座面に傾斜を付けたりする事ができます。

張り込みタイプソファー2

一方、置きクッションタイプは

ほとんどのモデルでクッションが背中も頭も同じ角度の背もたれで

座面も複雑な傾斜が付いていません。

置きクッションタイプ4

また、クッションとフレームが分離しているため、

ハイバックのモデルがあまり多くありません。

置きクッションタイプ3

※置きクッションタイプでは珍しいハイバック&2段階傾斜の背もたれ

座り心地を重視されるのでしたら、

張り込みタイプをお勧め致します

置きクッションタイプの座り心地を向上させるには

置きクッションタイプ1

※置きクッションタイプはオプションでヘッドレストを装着する事ができます。

こうすると背もたれの角度も2段階になり、座り心地も向上しますが、

見た目のデザインがアンバランスになるので、好みが分かれる所です。

ランニングコストで選ぶなら

将来的にソファーのシートやクッションが傷んできた場合、

張り込みタイプは工場などで張替作業を行う必要があります。

この場合、1か月ほどソファー無しの生活になるのに加えて、

コスト的にも新品を買い替えるのとそれ程変わりませんので、

買い替えを選ばれるお客様も多いです。

一方、置きクッションタイプは

カバーやクッションをパーツとして交換できますので、

コスト的にも張り替えより安く抑えられますし、

パーツを取り寄せて交換するだけなので、

ソファー無しの生活を送らずに済みます。

また、季節ごとにカバーの色を変えたり、

他の家具を買い替えた際にバランスを取るためにカバーを変えたりと、

後から調整ができて、ソファー自体に飽きが来ないのも

置きクッションタイプの魅力です。

15年-20年と長いスパンで考えるのならば、

置きクッションタイプの方が経済的ですね

(大前提として、20年後も製造メーカーが存続している必要がありますが)。

お手入れのしやすさで選ぶなら

張り込みタイプは上から吹き替えるタイプのクリーナーや

薄めた中性洗剤などでのお手入れとなりますので、

ファブリックシートを検討の場合は注意が必要です

(「汚れやすいと諦める」or「汚れが目立ちにくい濃い目の色合いのシートにする」)。

一方、置きクッションタイプは

座面のクッションの位置をローテーションさせて

クッションのへたりを軽減させる事ができますし、

ファブリックシートならばカバーを外してお手入れも可能です。

※実際にカバーを洗濯したりクリーニングされる方は少数派の様です

(あくまで、万が一の場合の保険としての洗えるカバーという捉え方)

見た目で選ぶなら

張り込みタイプのソファーは

クッションにボリュームがあるタイプが多く、

お部屋のインテリアの王様になるソファーです

(シートの色や質感が、お部屋のインテリアに大きく影響して来ます)。

また、ハイバックのモデルが多いので、

レイアウトによってはお部屋の壁際にしか置けない場合もあります。

置きクッションタイプ3

※ハイバックだけど後ろがキレイな張り込みタイプのソファーもあります。

置きクッションタイプ4

※横からの見た目がキレイなデザインの張り込みソファー。

一方、置きクッションタイプはフレームが細身のものも多く、

クッションもそれ程ボリュームがありません。

また、背もたれが低めのタイプも多いので、

お部屋に置いた時に圧迫感が少なく、

インテリアと調和しやすいソファーです。

LDKの真ん中に置かれる事を想定して、

背面にまで気を使ったデザインのものが多いのも特徴です。

置きクッションタイプ5

デザインでお選びの場合は

重厚感・高級感の張り込みタイプ

モダンな印象ですっきりした置きクッションタイプ

お好みでどうぞ。

ソファーの選び方 本革シート編

ソファーの選び方 ファブリックシート編

ソファーの選び方 合成皮革シート編

ソファーの選び方 人工スエード編

ソファーの選び方 シートサンプルの見方

ソファーの選び方 ハイバックとローバック

お得なセール情報

福山商店のセールイベント情報

店舗情報・アクセス

ショールームアクセスマップについて