4月に敢えて 学習デスクの選び方2 奥行45cmのデスクで勉強できるの?

こんにちは、家具ギャラリーよろこび店長の福山です。

4月に敢えてご紹介する「学習デスクの選び方」第2回は

リビング学習用のスリムデスクのご紹介です。

リビング学習のご家庭、増えてます

ここ最近。リビングでお子さんを勉強させる親御さんが増えています。

理由としては

1.子供部屋のスペースが無い

2.机に座って勉強する習慣がないので、リビングで親が勉強を見てあげたい

3.机を買うのがもったいない

といったものが挙げられます。

4月にお勧めする理由

では、なぜ4月に学習デスクをお勧めするのかと言うと、

店舗やショールームなどで接客する際に

1.ダイニングテーブルで勉強させるつもりだったが、

食事の準備などで意外とスペースが無い

2.他の子の机を見て、子供が欲しがった

といったお客様の声を聞く事が意外と多いからです。

リビング学習に適した机って?

では、リビング学習に適した机とは?

それはずばり、「リビングに置いても邪魔にならない机」です。

この場合の「邪魔にならない」には

1.スペース的に

2.デザイン的に の

2つの意味が込められています。

リビング学習にお勧めのデスク

家具ギャラリーよろこびがリビング学習にお勧めするのは

カリモクボナシェルタユーティリティプラスです。

ボナシェルタ

ユーティリティプラス

どちらのシリーズも奥行45cmのスリムタイプがありますので、

リビングでも場所を取らずに設置できますし、

天板と脚だけの非常にすっきりとしたデザインですので、

リビングの他の家具とも調和しやすいデザインになってます。

デスクの幅は

ボナシェルタが70/90/100/110の4種類

ユーティリティプラスが90/100/110/120の4種類です。

奥行45cmのデスクって狭くないの?

スリムタイプのデスクをお勧めする際によく聞かれるのが、

「奥行45cmのデスクって、狭くない?」です。

確かに通常のデスクに比べると少し狭いですが、

例えば昔の学習デスクでは

天板の上に大きなブックスタンドが乗っているのが一般的でした。

そのため、天板自体は大きくても、実際に勉強で使用できるスペースは

奥行45cm程度しかありませんでした。

つまり、最初から奥行45cmのデスクでも、

天板の上に余計な収納などを設置しなければ

十分に勉強に使用する事ができます。

後々の拡張性もあります

上記の様に奥行45cmのデスクでも

小学校の勉強には差支えがありませんが、

中学・高校と進むにつれて

参考書や資料の数も増えますし、

PCやタブレットを活用して勉強する子も出てきます。

そんな時は、デスクワゴンや書棚などの収納アイテムを追加する事で

デスクの天板を拡張する事が可能です

(ワゴンや書棚の棚板をデスク天板と同じ高さにする事ができます)。

これらのデスクは家具ギャラリーよろこびの新館に展示しておりますので、

是非とも店頭でご覧ください。

ネットショップでも取り扱っております

家具ギャラリーよろこびのネットショップでも取り扱っておりますので、

遠方のお客様などでご来店が難しい方は

こちらをご検討ください。

ボナシェルタ

ユーティリティプラス

4月に敢えて 学習デスクの選び方

1:リビングに学習道具用の収納を

2:奥行45cmのデスクで勉強できるの?

お得なセール情報

福山商店のセールイベント情報

店舗情報・アクセス

ショールームアクセスマップについて