生産終了商品を復刻!?

こんにちは、家具ギャラリーよろこび店長の福山です。

よろこび展示品の最古参

先日ご来店頂いたお客様がよろこび雑貨コーナーの什器を見て

「そうそう、こんな棚が欲しいんですよ。これいくらですか?」とおっしゃいました。

よろこび什器

…この棚は元々大川市のメーカーが製造していたのですが、

既に生産が終了しており、メーカー自体も既になくなっています。

よろこびでは9年ほど前に什器として使うつもりで仕入れ、

最初のうちは申し訳程度にプライスを貼り付けていました

(現在はプライスを付けてません)。

現在よろこびに展示している家具の中で最も古いものとなりますが、

よろこびのスタッフも完全に什器として認識していたので、

お客様の言葉がすごく新鮮でした。

生産終了品を復刻!?

お客様からのお問い合わせによろこびスタッフは

「申し訳ございませんが、この棚は既に生産が終了しております」と返答しました。

しかし、それに付け加えて

「しかしながら、よろこびの提携工場の職人さんならば、

同じものを作れるかも知れません」とお答えしました。

大川市は日本一の家具の街ですから

今回の棚は別段難しい構造をしている訳ではありませんし、

大川市には大小様々な家具メーカーや職人さんがいらっしゃいますので、

生産が終了した家具でも復刻する事は可能です

(現在では手に入らない材料や、金属などの木製品以外の素材を使った家具は苦手)。

もちろん、特注品の扱いになりますので、

価格はそこそこ上がってしまいますが、

よろこびの提携工場の職人さんは

大川の中でもかなりリーズナブルな価格で特注に対応してくださいますので、

オリジナルとそれ程変わらない価格で提供可能かと思います

(現在は見積り返答待ちの状態)。

それぞれに得手・不得手があります

オリジナルの棚はフラッシュ構造になっていますが

(フラッシュや無垢材などの家具の素材の違いについては、

後日ブログにてご紹介致します)、

今回は無垢材で作った方が価格が抑えられそうなので、

無垢材でご提案しようと考えています

(工場ごとに素材にも得手不得手があるので、

一般的に安いといわれる素材が必ずしも安く出来上がるとは限らないのです)。

よろこび什器2

棚の復刻の話が上手くまとまった暁には、

またブログでご紹介したいと思います。

イイ感じに味が出てます

こちらも半分お店の什器と化してますが、

オーク材とアルミの棚板を組み合わせた棚も展示してます

(こちらにはプライスを付けてますが、検討頂けるならば更に特価をお出しします)。

よろこび什器3

この棚は逆に店内に長く展示していた事で

日に焼けてビンテージ感ある味が出て来ていますので、

店舗の什器等にいかがですか?

(結局什器になるのかい)

お得なセール情報

福山商店のセールイベント情報

店舗情報・アクセス

ショールームアクセスマップについて